ダウジングとは

目には見えない物を杖や振り子を使って探し出す方法で、本来人間に備わった知恵ともいえるものです。4千年以上昔から受け継がれ、イギリス・エジプト・ギリシア・インド・中国・オーストラリア・ペルーなど、世界で広く伝えられてきました。現在でも、水脈・鉱脈・油田・地雷などを探す方法として使用され、日本では水道局でも用いられ認められてきました。

潜在意識をキャッチする

ダウジングは、超自然的なものではなく、人間の潜在意識に働きかけて、物事の判断を行う方法です。人間の潜在意識には、膨大な情報があるにもかかわらず、現実に意識できているのはごくわずかと言われています。すなわち、ほとんどが眠った状態なのです。ダウジングによって、その潜在意識が知っている情報や、考えていることを顕在化しキャッチしていくのです。

求める情報を導きだす

ダウジングによって、人の健康状態、相性の良い人や食べ物など、様々な情報をキャッチする事ができます。人間も物も、存在する全ての物は、ある種の波動を放っています。その波動とダウザー(ダウジングをする人)の波動が同調すると、振り子が動き、知りたい事を探し当てる事ができます。つまり、人間の潜在意識と振り子が同調し合い、求める情報を探す事ができるのです。

ダウジング・ペンデュラム(ペンジュラム)は潜在意識の声を聞くためのツールです。

過去には、そう、水脈や金を探すためによく使われていました。 野生の動物が潜在意識で危険を回避したり、水や食物のありかを潜在意識で感じ取るように、私たち人間にもその能力がある。潜在意識下では様々な情報を捕らえている。 それを引出していくためのツールがペンデュラム(ペンジュラム)です。当院ではこのダウジングを治療に使用しています