好転反応について

好転反応とは、施術後、元々あったその症状が癒されることにより体の中にあった
悪い部分が一時的に表面に現れるものです。

これは、肩もみ後に現れる揉み返しと同様に症状が癒える前に避けられない反応です。
又、人によっては、頭痛・吐き気・めまい、不眠、怒りの感情等様々な反応がでます。
通常、当日の夜から翌日にかけて現れ終わりますが、数日後に現れる方もおられます。施術後の好転反応についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

気功の反応(好転反応)についての解説

気功施術を受けると、好転反応という反応が現れる場合があります。反応は【身体】と 【精神】それぞれに現れる場合があり、好転反応がある事は、体内の病から免疫力が増強して改善快復されている、良い兆候と言われています。

時には施術後、今まで痛みの無い部分(各部、臓器等)から体験の無いような、好転反応が現れる事もありますが長い年月に体内に体積した、病の(病巣)が解けて(体内毒素)等を取り除いていきます。

具体的に現れる反応として

身体反応

発熱する、頭痛がする、頭が重くなる、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、咳が出る、痰が出る、鼻水が出る、
唾液の量が多くなる、汗をたくさんかく、汗・尿・便などの色や匂いが普段と変わる、身体がだるい、
息切れ、動悸、眠気、不眠など

精神反応

集中できない、怒りや悲しみが浮かぶ、過去に抑えていた感情の開放など
その他にも、人によってさまざまな症状が表れることがあります。

こういった反応は気功を受けて目覚めた良い細胞が本来の活動を始めることで起こります。
つまり、身体が急激に再生し、良くなり始めた証拠だとも言えますね。人間の身体は部屋と一緒です。掃除しないで放っておくと、部屋にゴミがたまります。それを時々、掃除していらなくなった老廃物などをき排出してやる必要があり、その身体の大掃除の際に好転反応が現れるようです。

反応を怖がらないで下さい。

突然、熱が出たり、腹痛が起きたりすると誰でも驚くもの。でも気功の反応と理解し、怖がらないでください。

心配な場合はご相談ください。

症状が強かったり、長く続いたりすると不安になるものですが、心配な反応が起きた時はご相談ください。

画像の説明画像の説明